予防歯科

削って詰める治療から歯を守る治療

削って詰める治療から歯を守る治療

予防歯科では虫歯や歯周病、口腔疾患にならないようお口の中を健康な状態に保つ事を目的としています。どんなに上手に歯ブラシができる方でも、少しずつ磨き残しできてしまいます。私たち歯科医療にたずさわっている者でも全体の20%程度の磨き残しができてしまいます。当院では治療をせずにお口の中を良い状態を保つよう、十分なケアをしていくことを目的としています。

80歳で歯を20本残せるように

80歳で歯を20本残せるように

スウェーデンの国民90%の方が定期健診、クリーニングを受けており、80歳以上の方で20本以上歯が残っていて入れ歯やインプラントを使用している方はほぼいません。日本では定期健診やクリーニングを受けている方はわずか2%しかおらず、80歳の平均では歯が平均8本しか歯が残っておらず、ほとんどの方が入れ歯やインプラントを使用している状況です。

健康な歯も治療後の歯も定期検診が必要です

健康な歯も治療後の歯も定期検診が必要です

健康な歯が虫歯にならないように予防するのが目的ですが、予防が必要なのは健康な歯だけではありません。治療が終わった歯こそ、再発や新たな虫歯、歯周病にならないように予防が大切です。お口の中には歯磨きではしっかり落せないバイオフィルム(細菌の膜)があります。

細菌の膜バイオフィルム

細菌の膜バイオフィルム

バイオフィルムとは、三角コーナーや排水溝などのヌルヌルしたヌメリのことです。バイオフィルムは様々な細菌が集まってできた細菌の膜。バイオフィルムは歯磨きだけで完全に落すことは困難で虫歯や歯周病以外にも、口臭の原因にもなります。歯の裏側、歯の隙間や歯周ポケットに入り込んだバイオフィルムを除去するには、歯医者での専門クリーニング必要となります。

予防は保険で出来ます

予防は保険で出来ます

日本の成人80~90%の方が歯周病だと言われています。現在では小さなお子さんにも軽度の歯周病が見られます。歯周病と診断がされる場合、保険でクリーニングや検査、歯ブラシの練習をすることが可能です。日本の成人80~90%の方が軽度~重度の歯周病になっているため、保険適応内での処置が認められます。つくば中央歯科ではできるだけ大掛かりな治療をしないで済むお口の環境になることを望んでおります。それが患者さんの健康にも繋がります。

診療時間のご案内

時間/曜日
10:00-13:30
15:30-20:00

:土曜の午後診療 14:00~17:00
:水・日・祝

アクセス

住所:茨城県つくば市東新井24−19
電話:029-879-9307
©2015 つくば中央歯科